Amazon輸入で失敗しないための法律関係


83cce076ea77ec207e06ffa49a0b0367_s

Amazon輸入ビジネスに限らないのですが、
何でもかんでも輸入できるわけではありません。

輸入が禁止されていたり、

輸入するには許可や検査が必要なもの

輸入に関する法律は沢山あります。

警告や罰金など小さな被害で済めばよいですが、

甚大な被害を及ぼしてしまったり、

捕まるようなことは絶対に避けないとなりません。

知らなかった・・・

では済まされません。

Amazon輸入ビジネスで失敗しないために、

法律関係のことをしっかりと把握しておきましょう。

■ワシントン条約

聞いた事があるという方は多いと思います。

絶滅の恐れがある野生動植物の種の輸入などは制限がかかっています。

失敗談のひとつを紹介します。

転送会社で条約に触れるかの審査をするとの事で商品詳細を求めてる連絡が来ました。

商品は腕時計とセットになっていた、ブレスレットと思われます。

このブレスレットに装飾で付いていたパールがひっかかったと思います。

転送会社は詳しくは教えてくれませんが、転送するの審査されました。

結果的には、転送はしなかったのですが、

転送会社でひっかかってなければ気づきませんでした。

大事になる前に止めてもらってよかったと思っています。

仕入れの段階で気付ける様にしたいと思います。

他にも

食品衛生法

銃砲刀剣類所持等取締法

商標権・意匠権

電波法

電気用品安全法

薬事法

があります。

聞いたことがなくても、言葉から連想できそうですよね。

ただ全てを知り尽くす必要はなく、

概要を知り最低限気をつけていれば、

輸入ビジネスでは大きな失敗は免れるでしょう。

法律的にどうか判断に迷ったら、
即、ジェトロやミプロに聞いてみましょう。

自分で判断するのではなく、専門家に聞くのが一番です。

これは、アカウントを守るよりも大事なことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする